仕事でチャンスをゲット!身に付けておきたい知識やスキル向上プログラム

絞り込みと伏線

資格マニア

英語検定、簿記、社会保険労務士、司法書士、行政書士、税理士、システムアドミニストレータ、秘書検定等、手当たり次第チャレンジする人もいますし、趣味なのでしょうか。
経理は潰しがききます。
会社の財務諸表が理解できると、今は会社の歯車であっても、最終的に困ることはありません。
英語とITとは、小学校教育の指針からも必要性大なのがわかります。
受験費用もかかるので、目的に応じた絞り込みをするべきです。
通信教育も、講習会を受講するのも、独学で学ぶのも、時間とコストとのバランスを取りましょう。
雇用保険料を引かれている雇用保険被保険者は、ハローワーク職業安定所で要件を満たせば教育訓練給付制度を利用できます。
特定求職者も要件を満たせば職業訓練受講給付金を受給しながら受講できます。

稽古事の難民化

嗜好が高じて喫茶店をオープンさせるために調理師免許を取得するのは必然です。
興味が有って医療事務資格、人と関わる接客が好きで販売士資格、センスに自信があってインテリアコーディネーター資格、憧れているアロマセラピスト資格等、趣味や出来事がきっかけで資格取得に挑む人もいます。
発表会のあるような種類の趣味の稽古事は、茶華道、フラワーアレンジメント、ダンス、楽器、絵画、工芸等があります。
習熟度に合わせて、インストラクターになったり、明確な資格がないものもあります。
美容系のエステやフェイシャル、ネイリスト、セラピスト、介護福祉等があります。
趣味だけに終わらせず実益に繋がったり、遣り甲斐や生き甲斐にかえて、本業にも役立てられるだけでもメリットはあります。


この記事をシェアする